ゴシップしか売り物なくなったジャスティン・ビーバー!今度はお騒がせ一家と接近

印刷

   パリ・ファッションウイークでタブロイド紙の話題はほとんどこの人たちだった。シャネル、ジバンシー、ランバン、ルイヴィトン、バレンシアガなど、メジャーなメゾンのショーに顔を出しまくったセレブ界のスキャンダル女王キム・カーダシアンと夫のミュージシャン、カニエ・ウエスト(合わせてKimye)、それに長女のノースちゃんである。

ファッション誌「ヴォーグ」の評判落としたスキャンダル夫婦

   スノッブなパリのファッション界で、どちらかというと悪趣味でお世辞にもモード的とは言えない一家が顔を効かせ始めたきっかけは、カニエのパリファッション業界とのパイプだ。カニエのプッシュのお陰か、今年5月にキムは長年の夢だったヴォーグ誌の表紙を飾ったが、ファッショニスタらの反発は大きく、ヴォーグ離れを宣言する人もいたくらいだ。

   しかし、ファッションショーもエンタメであり、有名メゾンらはKimyeを招待して、話題作りに余念がなかった。はたして、1歳のノースちゃんに黒のシースルードレスを着せて批判を浴びたりといろいろやらかしてくれた。

   また、キムとは父親違いの妹ケンダール・ジェナーとジャスティン・ビーバーとのランチデートも話題となった。ビーバーとカーダシアンファミリーが急接近しているようで、歌で売れなくなったビーバーが、スキャンダルがウリのリアリティスターと化するのも時間の問題かも。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中