どこが凄いの?ノーベル賞「青色LED」...エジソンを超えた!人類に新しい灯

印刷

   今年(2014年)のノーベル物理学賞に日本人3人が受賞した。不可能ともいわれていた青色発光ダイオード(LED)の開発に成功した赤崎勇・名城大数紳教授(85)と天野浩・名古屋大教授(54)、実用化につなげた中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人だ。

   スウェーデン王立科学アカデミーは授賞理由について、「彼らの発明は光の技術を根本的に変え、世界を一変させた。20世紀は白熱電球で照らされた時代だったが、21世紀はLEDのランプで照らされる時代だろう」と説明している。

室内照明だけでなく、交通信号、液晶テレビのディスプレイ、携帯電話...

   世界を一変させた光の技術、青色LEDとはどんなものなのか。光る半導体といわれるLEDは、最初は赤色、次に緑色の順で1960年代に開発された。その後、研究者たちが青色LEDの開発にしのぎを削ったが難航し、20世紀中にはは無理といわれるようになっていた。これを赤崎、天野両教授が89年に窒化ガリウムの半導体で開発に成功し、中村教授が日亜化学工業(徳島県)の研究員だった93年に実用化に成功した。この成功で赤、緑、青の光の三原色がそろい、白色やさまざまな色が作り出せるようになった。

   LED電球はエジソンの発明した白熱電球や蛍光灯に比べて高寿命、高輝度、省電力、低発熱とメリットは大きい。この特徴を生かして昼間でも鮮明に見える交通信号、液晶テレビのディスプレイ、携帯電話、室内照明に使われている。科学ジャーナリストの寺門和夫氏(科学誌『ニュートン』元副編集長)は「宇宙ステーションにもLEDが使われ、用途はどんどん拡大するだろう」と見ている。

   「でも、なぜ5年も経っての受賞なんですかね」という番組コメンテーター・犬山紙子(エッセイスト)の疑問に、寺門氏は「世界を変えたということが評価されたから」という。

中村修二教授「日本には自由に研究できる環境ない」

   若い人たちへのメッセージを求められた3人から次のように語った。

   赤崎教授「偉そうなことは言えませんが、はやりの研究にあまり捉われない、本当に自分のやりたいことをやる、それが一番だと思います」

   天野教授「自分が少しでも世の中の役に立つことをするといいうことで、他の人がやっていないようなテーマを選ぶというのは常にありました」

   中村教授「アメリカは仕事の環境が非常に自由で、やる気さえあれば何でもチャレンジできるシステムができ上がっています。日本はしがらみ、年齢、年功序列とかで、本当に自由にのびのびと研究できる環境ではありません。日本の科学者、技術者が永遠のサラリーマンみたいになっちゃう悪いシステムがあり、そのあたりを今後良くしていってほしいですね」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中