2018年 9月 23日 (日)

「イスラム国」戦闘員志願の北大生「自殺するつもり。どうせ死ぬなら...」

印刷

   シリアなどで支配力を強めている武装勢力「イスラム国」の戦闘員になろうとしたとして、「私戦予備および陰謀」の容疑で警視庁公安部から事情聴取を受けているのは北海道大学の学生は、特段の思想的・宗教的背景があるわけでもなく、きっかけは「就活がうまくいかなかったから」とも語っている。

コーランの知識もなく、ただのミリタリーおたくの現実逃避

   北大生に同行取材するはずだったフリージャーナリストの常岡浩介氏は、今年8月(2014年)に合っていた。このとき、北大生は「僕は一般的なものが好きではないので、戦場だとか特異なものに行ってみたい。国内にいても、あと1、2年先には自殺するつもり。それならば、他国の地で死ぬのもいい。日本と違う文化を持つ国なら、新しい出会いがあるかもしれない」と話していた。

まだ出てくる

   常岡氏は「彼には現実感がありませんでした。むしろ現実逃避をしたいという感じでした。コーランの知識はゼロで関心がほとんどなく、ミリタリーおたくという印象も受けました」と語る。

アジアから1000人近い若者...ほとんどはムスリム教徒

   コメンテーターの宮崎哲弥(評論家)「イスラム国は欧米など世界中から志願兵をリクルートしているんです。アジアからも1000人近い若者が渡っていると言われています。でも、その中心はムスリム教徒で、イスラム教に関心がない日本の若者が戦闘に参加しようとするのは考えられないですね」

   宮崎はさらにこう言う。「アベノミクスで景気が良くなっているというが、世の中の心理は不安定です。現実逃避をしたいという若者が増えています。これからもこの大学生のような若者が出てくる可能性はありますよ」

   実際にこの若者が「イスラム国」に合流していたらどうなっていただろう。追い返されるか殺害されるかだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中