戦場で死ぬか日本で死ぬか...イスラム国志願の北大生「自殺願望」

印刷

   中東の過激組織「イスラム国」に戦闘員として参加しようとした疑いで警視庁の事情聴取を受けた北海道大の学生を、ジャーナリストの常岡浩介氏がこの8月(2014年)に取材していた。

   そのとき、学生はハキハキとして理知的だったが、「日本にいても1、2年の間に自殺すると思う。戦場で死ぬか、日本で死ぬかの違いだと思います」などと話していたという。常岡氏はイスラム国やシリアの現実、イスラム自体への知識や関心は薄く、現状から逃げ出すための参加ではないかとの印象を受けたと話す。また、就職がうまくいかなかったので死にたいなどと周囲に話していたという。

   小松靖アナ「人を殺めるような行為に行く発端は、意外にアヤフヤだったり、個人的だなと感じるわけで、こういう不満を持ったテロリスト予備軍が世界中にいると感じられるひとつの出来事であります」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中