2018年 7月 20日 (金)

ZEEBRA「『女子』という言葉、俺らが使っているウチに普通に会話でも使い出した。『腰』『欲しい』で韻を踏む」

印刷

   ラッパーのZEEBRA(ジブラ=43)が10月6日(2014年)、「女子」という言葉は一般に浸透する前から使っていたとツイッターで明かした。

   「『女子会』などで使われる『女子』という言葉。元は学校などで使われてたが、90年代の前半に俺らが『腰』や『欲しい』などと韻が踏めて便利なので使っているウチに、普段の会話でも使い出したのがルーツだと本気で思う」とツイート、そして「当時『え?女子?中学生か!w』的なツッコミされまくりましたw」と明かした。

   「具体的にどの曲が女子という単語を浸透させたとお思いですか?」というツイッターユーザーの質問に対しては7日、「いえ、曲というよりも色々な業界に友達が多いので、そのあいだで普通に使われたのが原因だと思います」と回答している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中