「虐待親」小2長男を鎖でしばって監禁!訪ねてきたクラスメートが発見

印刷

   おととい8日(2014年10月)、滋賀県長浜市で小学2年生の男児(8)が自宅で鎖でしばられているのを訪ねてきたクラスメートが発見し、警察に保護された。警察は無職の父親の宮島保名容疑者(32)と母親の茜容疑者(27)を逮捕監禁の疑いで逮捕した。男児は食べるものもなく、トイレにも行けない状態だった。

普段から金属の棒で殴打

   見つけたのは男児の友だちで、学校を休んだので自宅を訪ねたところ、カーテンの向こうで男児が「くくられてる」とうめいた。裏に回って開いていた窓から家に入り、男児が鎖で柱にくくりつけられているのを発見した。

ここまでなる前に...

   両親は不在で、男児の腹に巻き付けられた鎖は南京錠で固定され、鎖の一方は柱につなげられて、これも南京錠で留められていた。男児が動けるのは1.5メートルの範囲で、食べ物はなくトイレにもいけない状態が約8時間続いていたという。家の玄関は外から南京錠がかかっていた。

   両親はしょっちゅう家を留守にし、帰ってくるまで男児が外で待っている姿を近所の人がよく見かけていた。冬でも夜9時くらいまで待っていることがあったという。親はどこへ出かけていたのか。近所の住人は「仕事なのかパチンコなのかわからけでな。(男児は)学校でも給食をよくお代わりしていた聞いとった。(親が)食べさせてくれないのかどうかわからないけど」と話す。

   男児は以前から顔とか足、体にアザやキズが絶えず、暴力を受ける場面も度々目撃されていた。「こんなんで(と金属の棒をもって)パツンとたたいとった」(近所の住人)。友だちは「(キズは)1年生のときから。遊びに行こうといっても、お父さんに棒で叩かれるからダメといってた」

学校や市教委たびたび家庭訪問「しつけで叩く程度」と母親

   学校も体のやけどやキズから虐待を疑い、5月に家庭訪問したが、母親はキズは「しつけで叩く程度」、やけどには「アイロンにひっかかった」といっていた。男児は教諭には鎖でつながれることを話していて、7月には学校を1週間休んだため、5回家庭訪問したが不在だった。

   このため、警察に相談し、連絡を受けた長浜市教育委員会では家庭児童相談室の職員が子どもの安全を確認した。その際、男児は「大丈夫」と話したが、鎖の話を母親に確かめたところ、「子どもが開けないように冷蔵庫をしばっているのだ」と話したという。このため、警察も事情を聞くなどしなかった。

   警察の調べに、両親は柱の前におまるを置いて出かけていたと容疑を認めた。警察は日常的に虐待があったと見て捜査を続けている。この両親については、すでに2年前に「育児放棄ではないか」と市に情報提供もあった。男児はやせ細った状態で、点滴などを受けている。

   司会の小倉智昭「こういう事件が起ると、これまでにどうにかならなかったのかという話になりますが...」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「子どもが大丈夫と言ったからといって、そう言わないとあとでお仕置きを受けるだろうし、OKだと思ったのは甘いですよ。目撃したらもっと早く通報するとか、防げたと思いますね。2月に徳島であった犬の首輪の話でも、周囲が見つけている。回りの目ですよ」

   おせっかいこそが異常を見極められるということか。それにしても、この家族、どうやって食ってるんだろう。家は一戸建ての大きな家だった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中