引退の高橋大輔「28歳でやっと自分と向き合ってるんです」将来のことはこれから...

印刷

   フィギュアスケートの高橋大輔選手(28)はきのう14日(2014年10月)、故郷の岡山で会見し、選手生活からの引退を表明した。「日本人男子初」という数々の記録を作ってきた世界のトップスケーターもついにその時を迎えた。ただ、「将来はこれから」と微妙ないい方をした。

母親に「おかん、引退するけんよ~。だれにもいったらいけんよ」

   「引退です」と言ってから、「次に進んで区切りをつけたい」。決断は「9月半ば」だったという。「ソチ五輪がひとつの区切りでした。以後、モチベーションを保つのが難しかったですね。現役を続ければ次の五輪を考えるが、今の自分には4年後まで続けられないと思ったんです」

女性人気は絶大

   会見には母の清登さんも同席して、「昨夜、電話で『おかん、引退するけんよ~。だれにもいったらいけんよ』言ってきたんです」と明かした。母の電話には滅多に出ない。30回に1回だったそうだが、最後は区切りを付けた。2人とも口をそろえて、長年支援してくれた人たちへの感謝を述べた。

   4人兄弟の末っ子。8歳からスケートを始めたが、スケートは金がかかる。理容師の母の客から募金が寄せられたことは知られている。やがてそれが実を結んだ。15歳の2002年、世界ジュニア選手権で優勝。ここから「日本人男子初」が始まる。07年(21歳)に世界選手権2位、10年2月(23歳)にバンクーバー五輪で銅メダル、同3月(24歳)の世界選手権優勝、12年(26歳)グランプリファイナル優勝。

   挫折もあった。06年19歳で臨んだ初の五輪のトリノでは4回転ジャンプに失敗して8位に終わる。08年(22歳)の右ひざの前十字じん帯断裂は再起を危ぶまれたほどだったが、見事甦ってバンクーバーへ。しかし、ソチ五輪直前の12年12月(26歳に右足を負傷し、五輪には出たものの6位に終わった。このとき、ライバルの羽生結弦は金メダル。だれの目にも世代交代は明らかだった。そしてさらに、次世代の若手が台頭している。潮時という言葉が浮かぶ。

   高橋は次についてこう話す。「いままで自分の人生に向き合って答えを出したことがない。何をやりたいか、将来何になりたいか、社会人になるときだれもが経験することを、28歳になってやっと...。これから経験を積んでいきたいと思います」

安藤美姫「メガネは伊達。レンズも入ってない」「ひげがあるとしまる」

   司会の小倉智昭「トップスケーターなのに、これからと...。人生の岐路なのかもわかりませんけど」

   高橋のコーチだった本田武史氏(ソルトレーク五輪4位)は「引退は知らなかったが、もやもやしてはいたようですね。五輪後は練習にも気持ちが入ってなかった」という。

   安藤美姫(元女子フィギュア代表)「アイスショーでももやもやしてるのがわかって心配していました。でも、次に進むための決断は力強いし、応援したい」

   10歳から「お兄さんみたいに」一緒に滑っていた安藤は、「彼の強い気持ちをみて、私もと思った」という。安藤は高橋を「普段はすごく明るい」「ファッションにも興味がある」「笑顔がチャーミング」「メガネは伊達。レンズも入ってない」「ひげがあるとしまる。魅力ある男性になる」といろいろ暴露した。ただ、小倉が「女性の人気は絶大ですものね」といっても、安藤は「エヘヘ」というばかリで答えなかった。

   小倉「彼は何に向いてると思う?」

   安藤「輝ける道を選ぶと思う」

   小倉「ダンズもできるだろうし」

   そういえば、ひげ面のイメージはEXILEに重なるかも。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中