NHK朝ドラ「マッサン」台風19号効果「視聴率26・2%(関西)」ここ10年で最高

印刷

   13日(2014年10月)放送のNHK連続テレビ小説「マッサン」が、関西地区で平均視聴率26・2%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。1話ごとの視聴率で26%を超えたのは03年放送の「こころ」(27・2%)以来だ。

   この日は台風19号がマッサンの舞台である大阪に上陸し、ドラマ放送中も画面左に台風情報のテロップが表示され、朝ドラファンだけでなく、こっちを見ていた視聴者も多かったようだ。

   ちなみに、関東地区は21・8%でこれまでよりやや高い程度だった。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中