ふなっしーに弟できた!「ふなごろー」梨と芋虫の合体妖精だって...『兄』は引退?

印刷

   人気のゆるキャラ「ふなっしー」に弟ができた。きのう15日(2014年10月)行われた新商品の発表会に登場した弟は「ふなごろー」だと。ふなっしーは千葉・船橋市民が地元名産の梨をイメージして作った「梨の妖精」という設定で、船橋市はいまだに公認していない。つまり、勝手に活動しているのだが、従来のご当地ゆるキャラの常識を破っておしゃべりを始めたのと、ジャンプやアクションなどでブレークした。今では各地の地域おこしのイベントから歌手、タレント活動までこなす。

尻尾の先から「絹糸ブシャー」「梨のエキス」噴射

   きのうは「ふなっしー」製品の発売イベントだったが、そこで「紹介したい梨がきたなっしー」といわれて現れたのは、「芋虫と梨のハーフ」という設定とかで、「56番目の弟の『ふなごろー』なっぴー」と自己紹介した。

   頭と足が黄色で、顔のデザインまでは「なっしー」と同じだが、「なっしー」よりかなり背が低く、胴体もライトグリーン(「なっしー」はライトブ ルー)で、頭には触覚、芋虫の尻尾もついている。「梨の実に妖精が取り付く前に青虫に食われて、途中で妖精になったから混じっちゃったなっしー」ということだ。

   ふなごろーもどうやらおしゃべりとアクション派らしい。尻尾の先から「絹糸ブシャー」と梨のエキスを噴射する。それをもろに食らった木下康太郎アナが臭いを嗅いで「臭いますね」。木下がふなっしーに「ふなっしーより人気が出てきたらどうする?」と突っ込んだ。「ふなっしー、そろそろ疲れてきたから、ふなごろーのマネジメントをしてゆっくりしてもいい」と引退ともとれる発言。だが、「いろいろメーカーさんとも話し合わないといけないから、今は無理なっしー」と、その気はないらしい。

身長小さめで中のスタッフは女性?

   ご当地キャラのぬいぐるみの中は複数のスタッフが交代で務めるのが普通だが、「ふなっしー」のおしゃべりとアクションはだれでもというわけにはいかない。その忙しさを分散させようというのか。でも、ふなごろーはかなり小柄なので、ますますどんな人が入っているのかと思ってしまう。

   司会の小倉智昭「声だけ聞くと妹みたいだけど」

   木下「性格は男でも女でもないそうです」

   イラストではいろんな兄弟があるらしい。

   小倉「そんな話になってるの。商売がからんでない?」(笑い)

   いやいや、商売そのものでしょうよ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中