タモリ『菊池寛賞』受賞―「『笑っていいとも!』で日本の笑いを革新した」

印刷

   日本文学振興会は15日(2014年10月)、今年の第62回菊池寛賞にタモリを選出した。バラエティー番組の司会者として初の受賞だ。授賞理由は「生放送の『笑っていいとも!』の司会を務めるなど、独自の視点を持つテレビ番組の『顔』として日本の笑いを革新した」というものだ。早い話が、いいとも司会32年間ご苦労様ということだろう。

   これまでに菊池寛賞を受賞したタレント・俳優には笠智衆、永六輔、松本幸四郎、夢路いとし・喜味こいし、黒柳徹子、市川団十郎、高倉健がいる。歌手ではサザンオールスターズが受賞している。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中