2018年 8月 17日 (金)

ドラマは録画で見る時代!再生率トップ10に9番組―「HERO」ダントツ1位

印刷

   ビデオリサーチは7~9月(2014年)に放送されたテレビ番組の録画再生率を発表したが、上位10のうち9本が連続ドラマ(アニメ)とそのスペシャル版で、ドラマを録画で「まとめ見」する視聴者が増えていることが浮き彫りになった。

   再生率トップはリアルタイム視聴でも21・27%を記録した「HERO」(フジテレビ系月曜よる9時)で12・3%で、2位の「昼顔」(フジ系木曜夜10時)の7・8%を大きく引き離している。以下、3位「レミーのおいしいレストラン」(TBS系7月6日よる9時)、4位「マルモのおきてスペシャル2014」(フジ系9月28日よる9時)、5位「妖怪ウォッチング」(テレビ東京系金曜よる6時30分)、6位「家族狩り」(TBS系金曜よる10時)、7位「ST 赤と白の捜査ファイル」(日本テレビ系水曜よる10時)、8位「ペテロの葬送」(TBS系月曜よる8時)、9位「金田一少年の事件簿N・neo」(日テレ系土曜よる8時)、「若者たち2014」(フジ系水曜よる8時)と続く。

   映画の「レミーの~」を除くと、連続ドラマが7本、過去の人気ドラマのスペシャル版が1本、連続アニメ1本とドラマ系の再生率が高いのがわかる。ビデオリサーチが7月に発表した3~6月期の再生率調査でも、上位20番組のうち16番組が連続ドラマだった。バラエティーやドキュメンタリー、報道はリアルタイム、ドラマは録画でという「視聴分け」が進んでいるようだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中