米倉涼子さすが視聴率女王! 「ドクターX」第2話つづけて20%超え

印刷

   米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系木曜よる9時)の第2話が16日(2014年10月)に放送され、平均視聴率20.9%を記録した(ビデオリサーチ調べ 関東地区)。瞬間最高視聴率は26.5%だった。21.3%の第1話(9日放送)から視聴率が落ちなかった。14年に放送された民放の連続ドラマで初回から連続20%超えは初となる。

   「ドクターX」は米倉演じるフリーランス外科医・大門未知子が大学病院の腐敗にメスを入れる人気シリーズ。大門の歯に衣着せぬ発言や医師としての驚異的な能力が人気を博し、今回で第3弾となる。12年放送の第1弾も全話平均で19.1%、13年放送の第2弾も23.0%でいずれも大ヒットを記録している。

   「ドクターX」好調のあおりを食ったのがTBS系「MOZU Season2~幻の翼」で、16日放送の第1話の視聴率は8.4%と最悪スタートとなった。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中