つんく♂、再び声帯からがん見つかる 「再手術は成功」と報告

印刷

   音楽プロデューサーのつんく♂(45)が10月17日(2014年)、一度は「完全寛解」したと発表していたがんが再び発見されたが、再手術に成功したとブログで発表した。

   つんくは14年3月に初期の喉頭がんを患っていることを公表し、手術を経て9月25日には「完全寛解」したとしていた。たが、9月になってからも「声帯の腫れと痛み、息苦しさ、声のかすれが自分なりに気になっていた」ため、声帯の生検(組織の一部を顕微鏡などで検査する)を受けてから10月5日のモーニング娘。'14のニューヨーク公演のために訪米。現地到着直後、がんが発見されたことを日本からの電話で知らされ、公演直後に「ショック」と「信じられない」という思いで予定を切り上げて帰国。入院して手術を受け、成功したとしている。つんくは治療を続けており、ツイッターにも

「皆様、心配かけてます!でも、僕は元気です!」

と書き込んだ。

道重さゆみ「公演をいつもと変わらない様子で見守っててくださりました」

   モー娘。リーダーの道重さゆみ(25)もブログを更新し、

「ニューヨークでの私たちモーニング娘。'14の公演をいつもと変わらない様子で見守っててくださりました。本当に感謝です。。現在は、手術も無事に成功したと聞き、本当に良かったです。1日でも早く良くなることを心から願っています」

とつづった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中