<1年前のワイドショー>やっぱり危ない「ながら携帯」夢中になって踏切進入!40代男性轢死

印刷

   駅のホームから転落したり、歩いている人にぶつかったりと、「ながら携帯」「歩きスマホ」のトラブルが絶えないが、去年(2013年)10月16日には、携帯操作に夢中になって踏切に入りこんだ40代男性が電車にはねられ、死亡する事故が東京・板橋であった。<「ながら携帯」で踏切進入気づかず...電車にはねられ死亡!40代男性>(フジテレビ系「とくダネ!」)とワイドショーは取り上げた。

   笠井信輔アナは「「遮断機が上がってしまった状態に気づかずにスーッと踏切内に入ってしまった可能性がありますね。携帯をしながら歩くのは怖いですね」と伝えた。事故にあった男性は遮断機にも警報音にも気づかなかったようだ。(" target="_blank">テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中