小渕優子辞任「すべてが甘かった私の責任です」議員辞職については答えず

印刷

   「あさチャン!」にとっては最悪のタイミングの小渕優子経済産業省辞任だった。きのう19日(2014年10月)から辞任は決まっていたが、手続きとして、きょう首相官邸で安倍首相に会って辞表を提出し、そのあと辞任表明ということになる。その官邸入りが「あさチャン!」終了直後の朝8時過ぎだったのだ。「あさチャン!」としては、辞任の背景の解説でお茶を濁すしかなかった。

「市民オンブズマン群馬」は刑事告訴

   小渕は現状では国民のお理解を得るのが難しいと判断し辞任の意向を固めたうえで、19日に官邸サイドに対し自分自身で責任をとらねばならない旨を伝えていたという。小渕は「どうしてこういう収支になったのか、現状では全体像についてわからないことが多すぎます。すべてが甘かった私の責任です」と述べ、安倍には「こうなったことについて総理にお詫びを申し上げた」と話していた。

   公職選挙法違反が明らかになった場合に議員辞職をするのかと問われた小渕は、「いまは弁護士、税理士など第三者を入れて一から精査していただくしかないと思っているところです」と議員辞職については答えなかった。

   「市民オンブズマン群馬」の小川賢代表は、「本人の調査による自己申告ではなく、第三者の力できちんと実態を明らかにしてほしい」と東京地検に刑事告訴することを明らかにした。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中