小渕経産相辞任!公選法違反なら議員も辞職...「寄付・買収」は否定

印刷

   小渕優子・経済産業相はけさ20日(2014年10月)、安倍首相に辞表を提出して受理された。複数の政治団体の収支報告書の内容がおかしいと国会で追及された責任をとったものだが、「とくダネ!」も辞任会見を中継したが、肝心の「辞任します」の言葉がCMと放送時間切れで流れず、締まらない中身になった。

政治資金規正法違反に逃げ切れるか...

あすお伝えします

   メディアや国会で追及されたのは、小渕の後援会が毎年行っている観劇会の収支が2000万円以上も政治団体の持ち出しになっていること、政治団体が支払った贈品のなかにベビー用品、化粧品、下仁田ねぎが含まれていたことの2点だ。親族の企業からの物品購入もあった。

   観劇会費用の肩代わりは公職選挙法で禁じている「有権者への寄付」に当たり、もろに刑事事件=議員資格に関わる。また、私的物品の購入は「政治資金で賄うべきものか」という、なかば道徳的な疑念だ。

   小渕は国会の答弁で、詳細を把握していなかったことを認め、「事実を調べる」としていたが、「知らないで済む問題ではない」とも述べていた。その後、報告書記載の責任者が「名前を貸しただけ」と明かすなど、ずさんな事実も明らかになり、先週末から「大臣辞任」の観測が出ていた。

   田﨑史郎(時事通信解説委員)は「公選法違反だと議員生命に関わります。おそらく政治資金規正法の虚偽記載の線になるのではないか」といっていたが、まさにその通りになった。

   会見で小渕はこれまでの調査の結果を説明した。観劇会に参加した人からは1人1万2000円の参加費を徴収していたという銀行預金の通帳のコピーを示して、報告書の記載が正しくなかったと話した。つまり、寄付行為や買収ではないとい強調した。

安倍首相が心配する「第1次内閣」の閣僚ドミノ倒し

   小渕は先の内閣改造の目玉だった。小渕恵三・元首相の娘で、父の急死の後を継いで国会議員になって14年。40歳にして2度の閣僚経験があり、初の女性宰相という呼び声も高かった。しかし、その政治活動の実態は...。「300台のバスを連ねての観劇会、下仁田ねぎを100万円も人に贈るというのは、お父さんの時代のやり方そのままだったんだね」(政治評論家・伊藤惇夫氏)ということだ。そんなことで首相をやられてはたまらない。

   安倍首相にしてもこの事態は重い。第1次安倍内閣はわずか1年の間に事務所費問題などで4人の閣僚が辞任して内閣崩壊に至った。 この再現だけはなんとしても避けたいところだろう。首相はすでにきのう19日、菅官房長官と都内のホテルで小渕の後任について協議している。

   閉まらない辞任会見中継に司会の小倉智昭は「あすお伝えします」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中