「75歳病院長」45歳年下妻射殺し自分も頭撃ち抜き!田園調布の豪邸

印刷

   東京の高級住宅街、田園調布で75歳の病院院長兼理事長と45歳年下の妻が無理心中していた事件は、さまざまな憶測を呼んでいる。17日(2014年10月)午後1時ころ、横浜桐峰会病院の理事長で院長の松本義峯さんが自分の頭を猟銃で撃ち抜き、妻の亜耶乃さん(30)が射殺されているのが発見された。

近所の住人「普段は住んでいた様子ない」

   西村綾子リポーターは「『昼過ぎになっても父が病院に来ない。様子を見てきて欲しい』と息子から警備会社に連絡があり、担当者が自宅を訪ねると、2階の寝室で亜耶乃さんが胸やお腹を撃たれ、松本さんは散弾銃を自分に向けた姿で発見されました」と伝える。

背景わからん

   近所に住む中年主婦は「1度も顔を合わせたことがありません。ゴミ出しをする姿も見たこともないですね。あの豪邸に人が住んでいるとは思えませんでした」「2階は1年中雨戸が閉まっていて、雨戸が開いているのを見たことはありません」と話す。松本さん宅の敷地はおよそ200坪、庭には高い木々が茂り、高級住宅が多い一帯でもひときわ目立つ豪邸だ

   松本氏と亜耶乃さんはどんななれ初めなのだろう。病院の女性患者は「以前に、妻と別れて若い看護師と再婚するという話を聞きました。ただ、離婚に関して、トラブルが起きているので長引くかもしれないと言ってました」と打ち明けた。

趣味が広い優しい院長先生が...

   西村「松本さんの病院は緊急医療機関に指定されていました。このため、松本さんは緊急事態に備えるため、普段は横浜にある病院内敷地にある1軒屋で生活していました」

   松本さんはトランペットが趣味で、ボランティアで刑務所、老人ホームなどで演奏していたり、自動車やバイクにも興味を持っていたという。

   司会の加藤浩次「優しい先生と評判で、お金もあり、趣味も広い。そういう先生がなぜ再婚した年下の妻を殺し自分も自殺したのだろう」

   コメンテーターの勝谷誠彦(コラムニスト)「ここまで背景が分からない事件は珍しいですよね。どこまで警察が事件の背景を解明できるか」

   下世話な想像はいくらでもできるけれど...。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中