2018年 5月 23日 (水)

「SNSでストレスや疲れ感じる」利用者の半数...対処法は「電源切れ」

印刷

   TwitterやFacebookなどSNSを利用する人の半数がストレスや疲れを感じているという。日経MJの記事を「あさチャン!」が紹介し、コメンテーターの脳科学者、中野信子が解消法を伝授した。

   中野はこう話す「半数は逆の意味でびっくり。もっと多くの人がストレスを感じていると実感しています。疲れを感じて、またSNSで疲れをいやすということが起きているからです。SNSに書き込むことでより楽しさがあるので、また書き込むというスパイラルになっているんです。その楽しさの裏にストレスがあるから、脳科学的には良くないんです」

疲れ解消のためまた書き込み...抜け出せないスパイラル

   司会の夏目三久「どうしてスパイラルから抜け出せないのですか」

抜け出せない?

   中野「それを人は依存症というんです。その依存症を何とかするにはデジタルの電源を切るしかない」

   電源を切ったあと何をするか。「本を読んでデジタルでないところから情報を入れることです。自分を肥やす時間をつくらないと...。自分が発信したのはオリジナルと思うのですが、実はみな同じようなことを書いているんです。古典から学ぶということをやってほしいですね。あるいは齋藤さんの本を読むとか」

   古典にもよるが、なかにはなおさら疲れを感じる人もいるかもしれない。J-CASTで最新の情報を得、言いたい意見があればコメント欄に書き込む。これなら全く疲れずにストレスも発散できる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中