橋下大阪市長「在特会」会長と罵り合い面談!ヘイトスピーチ規制進める...

印刷

   橋下大阪市長はきのう20日(2014年10月)、大阪市役所で「在日特権を許さない市民の会」(通称在特会)の会長と面談し罵り合った。民族差別をあおるヘイトスピーチ規制などを検討する考えを述べた橋下に対し、在特会側が面談を申し入れたという。

「お前」「あんた」で揉め8分で終了

   面談した2人は「お前」「あんた」などお互いの呼称をめぐってまず揉め、罵り合いって在特会長が立ち上がって橋下に詰めよるシーンもあった。結局、面談は30分間の予定が8分間で終了し、ネットでは橋下、在特会双方への批判の声が上がっていた。

   舘野晴彦(月刊「ゲーテ」編集長)「まあ話し合い自体は進展はなかったですけど、なかなか報道されないヘイトスピーチの実態というか、現状が垣間見られて良かったと思いますよ」

醜さ見えた

   赤江珠緒キャスター「ヘイトスピーチの醜さみたいのものが見えましたね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中