2018年 11月 14日 (水)

大野智リーダー「運動神経」抜群!こともなげにやってのけた「スラックライン」「ボルダリング」

印刷

   <嵐にしやがれ(日本テレビ系10月18日よる11時)>「秋のスポーツ対決!俳優向井理と女優片桐はいりVS嵐」と題して、いま流行っているスポーツで対決した。ここでみなが驚いたのが大野智リーダーの運動神経の良さだった。

ドイツ生まれの新顔スポーツ

   スラックラインというドイツ生まれの競技は、幅5センチ、長さ8メートルの細長いベルトの上で立ったり跳んだりする。初心者は立つことさえ難しいという難易度の高いスポーツだ。これを大野智リーダーは涼しい顔であっさりクリアして見せた。櫻井翔はへっぴり腰でインストラクターの手をつかんで離すことができない。大野は高難度のお尻ジャンプを股間を打ちつけながらもキメる。卓越したバランス感覚の良さと抜群の運動神経だ。「嵐イチのバランス力」と煽るナレーションが入り、さらにテンションは上がってベルトの上に座った状態から一発で立ってみせた。

   ボルダリングにも挑戦する。大野はここでも妙技を見せた。難しい緑のホールドを軽々つかんで余裕で上まで駆けあがった。「いやあ、もう働いた、俺きょうは...」とちょっと誇らしげだ。リーダーの踊りがいつも軽快でリズミカルなのは運動神経の良さだったんだ。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中