栩内香澄美 ASKAにたびたびメール「覚醒剤やめるよう約束させたがだめでした」

印刷

   歌手のASKAとともに覚醒剤を使用したとして裁判中の栩内香澄美被告の第4回公判が21日(2014年10月)に東京地裁で開かれ、被告人質問が行われた。

   大竹真レポーター「栩内被告はこれまでと変わらない眉を描いた薄化粧で、メガネをかけていました。襟なしの黒いジャケットに裾にスリットが入ったタイトスカート姿でした」

「私にも使ったか知りたくてカマかけました」

   検察・弁護側が行った被告人質問のポイントは栩内がASKAに送ったメールだった。弁護側は「バックから白い粉を取り出すのを見たというメールを送っていますね。なぜ、このようなメールを送ったんですかと聞く。栩内は答える。

裁判官の心証

   「5、6年前に私の部屋で白い粉を吸っているのを見ました。それで、もう薬には手を出さないと約束させましたが、今年4月に私が部屋に帰ると、テーブルの上に白い粉がこぼれていました」

   検察側は「私に(覚醒剤)使用したのは気付いていたというメールを送っているが、この意味はなんですか」と質問した。「彼が本当にやめたかどうかを確かめたかったんです。その反応が知りたかったのでカマをかけました」

   大竹「栩内被告はASKA元被告と3つの約束をしていたそうです。薬には手を出さない、その誘惑には乗らない、紛らわしいものには近ずかないの3つだそうです」

弁護側はあくまでも「栩内は使用していない」

   司会の加藤浩次「本当のことを言っていると思えるところもあるが、あれっと思える部分もありますよね」

   大竹「これまでの2回の鑑定では、いずれも陽性反応が出ています。クロかシロかといえば、これは完全にクロです。体内から覚醒剤使用の反応が出ているわけですから。でも、弁護側は最初の尿鑑定はASKAさんの体液が栩内被告の尿に混じっていたもの。次の毛髪検査ではASKAさんの汗が栩内被告の毛髪に付着したと主張しています」

   キャスターのテリー伊藤「弁護側の主張は鑑定をなめてる」

   コメンテーターの宮崎哲弥(評論家)「弁護側の主張は場当たり的なものとしか聞こえないですよね。これでは裁判官の心証をますます悪くするだけですよ」

   テリー「栩内被告の保釈金は300万円。保釈後はホテル住まい。本人が負担をしているとは思えないですよ。誰がこの費用を出しているんですかね」

   次回公判11月25日。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中