来年のNHK『花燃ゆ』東山紀之が桂小五郎!「イケメン大河に加えていただいてうれしい」

印刷

   吉田松陰の妹・文の生涯を描く来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」(1月4日スタート)の桂小五郎(木戸孝允)役を、少年隊の東山紀之(48)が演じることが発表された。東山は1999年の「元禄繚乱」の浅野内匠頭役依頼の16年ぶりの大河出演となる。

   桂は幕末志士のイケメンナンバー1といわれ、神道無念流の使い手でもあった。第5話から登場する。「花燃ゆ」は松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、久坂玄瑞を東出昌大が演じるなど、『イケメン大河』と前評判が高い。東山は「イケメン大河に加えていただいてうれしいです」と話している。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中