2018年 9月 26日 (水)

来年のNHK『花燃ゆ』東山紀之が桂小五郎!「イケメン大河に加えていただいてうれしい」

印刷

   吉田松陰の妹・文の生涯を描く来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」(1月4日スタート)の桂小五郎(木戸孝允)役を、少年隊の東山紀之(48)が演じることが発表された。東山は1999年の「元禄繚乱」の浅野内匠頭役依頼の16年ぶりの大河出演となる。

   桂は幕末志士のイケメンナンバー1といわれ、神道無念流の使い手でもあった。第5話から登場する。「花燃ゆ」は松陰を伊勢谷友介、高杉晋作を高良健吾、久坂玄瑞を東出昌大が演じるなど、『イケメン大河』と前評判が高い。東山は「イケメン大河に加えていただいてうれしいです」と話している。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中