政治資金のいい加減...SMバーはダメだが料亭ならいいのか。オカマバーは?

印刷

   宮沢洋一経済産業相の政治団体が「SMバー」の支払いを「交際費」に載せていた問題で、宮沢は「支出は事実。私自身は行っていない。これも事実。秘書が誤って政治活動として会計処理をした」と釈明した。たとえ間違ったにせよ、これを報告書に載せる感覚とは何なのだろう。

宮沢経産相苦しい弁明「カウンターで会話ができる店。秘書は情報交換」

   宮沢の政治団体「宮沢会」の政治資金収支報告書によると、2010年9月6日に交際費として1万8230円が支出され、支払先は「マザン」とあった。広島市内の「SMバー」の名前だった。

笑うしかない

   宮沢は「突然事件が起こったものですから」と事件と呼んだ。「報告書に目は通したが、バーの名前までは...。私も怒り心頭です」。秘書には弁済させ、報告書を訂正するという。辞任する考えは「ありません」ときっぱり。安倍政権はこのまま乗り切れると判断しているようだ。

   このSMバーにはムチやしゃもじがあり、天井からはロープが何本も下がっていた。ショータイムに店員と客がSMプレーに使うものだ。ショータイムには店の女の子を縛って吊るし、客も加わってムチで打ったり、ロウをたらしたりするのだという。

   秘書はここで何をしていたのか。宮沢は「しっかりとカウンターで会話ができる店のようで、政治活動としていろいろ情報交換をしたと聞いています」と話した。

政治資金規正法は使い道の規制なし

   宮沢は父が宮沢弘・元法相、伯父が宮沢喜一・元首相という政治家一家だ。2000年に初当選し、大臣就任の会見でも「父、伯父から政治資金はしっかりチェックしろといわれていました」と語っていたのは、なんとも皮肉だ。「情けない話で、私自身も怒り心頭という気持ち」というのはほんとだろう。

   たとえ政治資金が「SMバー」に使われても、政治資金規正法は使い道を規制していないから違法ではない。道義的にどうかということである。ただ、地元の福山市で聞くと、「もう論外だ」「きれいでいてもらいたかった」と手厳しい。野党からも「唖然」(民主党・枝野幹事長)、「次元が低すぎる」(維新の党・江田共同代表)とボロクソだ。

   司会の小倉智昭「SMバーの金がひょっとして政治資金で落とせるんじゃないかと考えるようなバカな秘書はクビにしなきゃだめでしょ。こんなもん」

   阿部悦子レポーターが「過去にもありました」と出したのが、民主党政権下での例。荒井聰・国家戦略担当相がキャミソールや少女マンガ、江田五月・法相 (いずれも当時)がキャバクラや韓国人クラブの飲食代をそれぞれ計上していた。

   田﨑史郎(時事通信解説委員)「本人が行ってないし、これ以上問題になることはないでしょう」

   小倉「正当な理由がないものにはつかわないはずでしょう」

   ショーンK(経営コンサルタント)「じゃあ料亭ならよかったのか。この国会がワインとうちわとSMバーになっては困まりますよ」

   普通のバーならよかったのか。おかまバーはいいのか?

   小倉「ただ、笑っちゃうしかないかも」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中