中川翔子、尾骨剥離骨折で「人生最大のピンチ」

印刷

   歌手でタレントの中川翔子(29)が10月25日に更新したブログで、「お尻の骨が折れましたwwwwww 人生初の骨折が尻」と語り、尾骨を隔離骨折したことを明かした。

   ブログによると、18日と19日にかけて名古屋で行ったコンサートで骨折したらしく、

「名古屋で、ナランチャのポーズでお尻の骨が折れました あははははは( ;∀;) 名古屋のあと救急で病院でレントゲン 正直人生最大のピンチと思いました」

などと振り返っている。

    「ナランチャ」とは、漫画「ジョジョの奇妙な冒険」のキャラクター。中川が、

「どうしてもこのポーズがしたかったんや、、、良い子は尻に気をつけながらするんやで!!!!!!!」

という解説とともにアップロードしたイラストによると、座ったまま足をクロスさせて上部に持ち上げることを「ナランチャのポーズ」と呼ぶようだ。

   症状は、

「座るのも立ち上がるのも 寝返りうつのも階段も 尻が激痛 固定もできないからね」

という厳しいものだったが、治療のかいあって10月25日に大阪で行われたコンサートには出演を果たし、「お尻ポーズ」で観客と記念写真に収まった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中