2018年 7月 19日 (木)

エボラ対策に「MADE IN JAPAN」豊橋のマスクメーカーに世界中から注文殺到

印刷

   WHO(世界保健機関)によると25日現在(2014年10月)で、エボラ出血熱の感染者数は1万141人、死者4922人に達している。今年3月時点でわずか49人だった感染者は7か月余りで1万人を突破したことになる。感染拡大で「2つのメイド・イン・ジャパンの技術力が世界中から期待されています」(井上貴博アナ)という。

PM2・5対策用だが感染力99%低下

   愛知県豊橋市の「くればぁ」という会社が開発したマスクはエボラ対策マスクだ。従来のマスクは静電気で微粒子を寄せ付け表面の繊維に絡ませる構造になっている。これだとエボラウイルスも付着しやすく、着脱の際に感染の恐れがある。これに対し、エボラ対策用マスクは微粒子が従来型に比べて50分の1しか付着しない。さらに、抗菌作用のある薬剤が染み込ませてあり、ウイルスの感染力は99%失わせることができるという。

ぜひ征圧して

   もとは中国のPM2.5対策用に開発されたものだが、エボラウイルス対策にも有効なんじゃないかと注目されている。1枚7980円と高いが、洗濯・洗浄すれば100回は使用可能という。現在、アメリカ、イギリスのほか、中国から注文依頼が来ているが、くればぁ社は先週、西アフリカに1万枚を無償で提供したため在庫はほぼゼロの状態で、フル稼働で増産中という。

富山化学の「アビガン」に治療効果―ヨーロッパでは患者退院

   もう一つは、エボラウイルスに効くといわれる富士フイルムグループの富山化学工業が開発した抗インフルエンザウイルスの治療薬「アビガン」だ。マウス実験ではエボラウイルスへの効果が確認され、ヨーロッパでは感染者に投与され患者は退院している。臨床試験が不十分でまだ未承認の状態だが、11月中旬から臨床試験を開始するという。

   キャスターの齋藤孝「人類の歴史は伝染病との闘いですから、ぜひ?圧してほしいですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中