きょうから読書週間!「携帯控えてこの1週間は本を」(齋藤孝)

印刷

   東日本大震災で親を亡くした子どもたちに図書券を贈っている本屋がある。日本経済新聞(2014年10月26日付)に掲載された記事を山本匠晃アナが紹介した。震災で本屋が1軒もなくなった岩手県大槌町で、一念発起したサラリーマンが夫婦で「一頁堂書店」という本屋をオープンした。親を亡くした町内の小・中・高校生を対象に12年から年1回、店だけで使えるオリジナルの図書券(1500円分)を贈ってきた。3年目を迎えた今年も、町内50人に送る準備を進めている。

東日本大震災で親を亡くした子供たち。本送り続ける街の本屋さん

   キャスターの齋藤孝はこう話す。「素晴らしいですね。3年以上たって震災のケアが薄くなる中で、こういう書店があると本との出あいが生まれますよね。本というのは登場人物とか著者が心の中に住み込んでくるんですよ。心が支えられます」

本の力

   司会の夏目三久「私も心に余裕がないときに、本を見ている場合でないなと思ったりするんですが、そういう時だからこそ本の力ってありますね」

   番組最後の「今日のコラム」コーナーで、齋藤が「きょうから読書週間です」と始まったきっかけを解説した。終戦2年後の昭和22年に、言論・出版の統制で自由に本が出せなかった時代が終わり、「読書の力で平和な文化国家を作ろう」との趣旨で始めたのだという。「本を読むといいうことは、自由を謳歌するということなんです。携帯を控えてこの1週間は本を読んでいただきたい」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中