多摩川河川敷「不法畑」勝手に耕して家庭菜園130か所!警告受けてもやめず

印刷

   東京と神奈川の境を流れる多摩川の河川敷に勝手に家庭菜園が作られ、問題となっている。阿部祐二リポーターは川崎市多摩区の堤防の上に立ち、「のどかな川の風景が広がっています。でも、この先には家庭菜園の畑が続いて、その長さは150メートル以上にもなります」と伝える。しかし、これがすべて不法畑なのだ。

白菜、小松菜、ネギ、サツマイモ...

   畑では白菜、小松菜、ネギ、サツマイモなどが栽培されている。河川敷は国有地なので耕作することはできず、畑のわきには国土交通省の警告看板が設置されている。国交省関東地方整備局・京浜河川事務所の山田弘幸課長は「一番の問題は権利がなくて耕作をしていること。動物や植物の生育空間が失われてしまうことも非常に大きな問題です」と話す。多摩川河川敷にはこうした不法畑が約130か所もある。

みんなは有料菜園

   周辺の住民は「畑はおじいちゃんやおばあちゃんが来て、よく手入れをしていますよ。それはいけないことだよと言ても、分かっていると言いながらやめる気配はないですね」と話した。

   阿部が取材しているときも、初老男性が農作業をしていた。阿部が「この畑は違法ですよ」と話しかけると、「ここはもともと個人の土地で、数年前に国に売却された。その後、何かの工事を始めるという話だったが、何も始まらないから、工事が始まるまで使わせてもらおうと思った」と話す。

河川法違反、国有地の不法占拠

   河川敷の不法占拠はどのような罪になるのか。菊地幸夫弁護士は「許可なく河川敷を利用すれば河川法に抵触します。また、勝手に掘りかえしたら器物損壊、不法占拠状態で罪に問われる可能性もあります」という。

   司会の加藤浩次は「近隣の人たちはこの状況をどう見ているんでしょうかね」

   阿部「住民の方の中には離れた場所でお金を払って家庭菜園をしている方もいます。でも、河川敷の菜園は無料。これはおかしいと不平等を話す人もいます」

   コメンテーターの大沢あかね(タレント)「私も土地を借りて菜園をしています。自分の作った野菜を食べるのは楽しいのはわかりますが、違反を犯してまでというのは抵抗があります」

   宮崎哲弥(評論家)「近隣の住民に河川敷をこれからどう利用するかの説明がないわけですよね。国の関わり方が無責任なんです」

   いっそ料金を取って使わせたらどうなのだろう。そのかわり、増水で畑が流されても一切の責任は取りませんという条件で...。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中