「エボラ出血熱」血液から感染ないのか?患者がもし献血したら...

印刷

   医師の久住英二氏をゲストにエボラ出血熱に関する読者や出演者の質問に答えた。そのなかに、「感染者が献血をした場合はどうなるか」というのがあった。輸血を通してエボラ熱に感染する可能性はあるのか。

   久住によれば、エボラウイルスが他者に感染するのは主として発熱などの症状が出てからで、具合の悪い人が献血することはとはまずないという。たしかにそうだ。ただ、「日本はB型肝炎やHIVなどの感染症に関しては献血のスクリーニングをして陽性ならば輸血に使わないが、未知のウイルスであったらノーマーク」という。

可能性は?

   司会の羽鳥慎一「もし、エボラに感染した方が具合が悪くなる前に献血したら、確率はすごく低いだろうが、広がる可能性はあるのですか」

   久住氏「そうです。ほとんど起きないとは思いますが、可能性としてはゼロではありません」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中