東国原英夫 磯野貴理子気遣う「一先ずは良かった。しかし、他人事では無い」

印刷

   タレントの東国原英夫(57)が10月29日(2014年)、脳梗塞で緊急入院したタレントの磯野貴理子(50)をツイッターで気遣った。

   磯野は23日に自宅で体調不良を訴え、緊急搬送された。「一日も早くまた皆様にお会いできますように頑張ります」「異変に気付いて病院に運んでくれた夫に命を拾ってもらいました」というコメントを発表した。命に別状はなく、経過を見守っていく。

   東国原はこれに「一先ずは良かった」「しかし、他人事では無い」。というのも、28日に都内の病院で「動脈硬化の再検査(医師診察)」を受けたそうで、11月上旬にもエコー検査を行うのだとか。「動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞等を誘発する。注意が必要だ」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中