カナダ「オーロラ名所」で日本人女医行方不明!ホテルに荷物やお土産置いたまま...

印刷

   オーロラの名所、カナダ北部のイエローナイフで日本人女性が行方不明になっている。静かな自然の中の小さな町で何が起こったのか。熊本県出身の精神科医、吉窪昌美さん(45)は今月17日(2014年10月)から24日までの予定で地元のホテルに滞在、26日に帰国予定だったが予約していた航空機に搭乗していなかった。警察は事故と事件の両面で調べている。

地元警察「明るい時間で不審者情報もありません」

   吉窪さんは22日に1人で歩いているのを目撃され、土産物店やホテルの防犯カメラにも姿が映っていたが、その後の足取りがわからなくなっている。ホテルにはスーツケースや土産物とみられるアクセサリーが置かれていていた。地元新聞社の編集長は「今までこのようなことが起きたことがないので、町の人々はとても関心をもっています。明るい時間でしたが、町の外の湖の方へ行ったので目撃者が1人しかいなかったといわれています」という。

事件面も調べて...

   不審者や安全面の問題はなかったのか。レポーターの阿部祐二が地元の警察にかなり執拗に聞いたが、「この町は小さい町ですが、日本だけでなく世界中から観光客がやってきます。森林や自然が周りに多く、とても安全なところです。不審者情報もありません」と言うばかりだった。

凍った湖に迷い込み落ちた?

   ただ、大自然が広がっているので行方不明者が出ることもあるという。新聞社編集長も現在氷点下なので小さな湖の氷の上を気付かず進んでいく可能性もあると話している。

   司会の加藤浩次「まあ、事故の可能性の方が高い感じがしますが」

   阿部「現地の誰に聞いても、不審者情報はここ四半世紀聞いたことがないといっています」

   キャスターのテリー伊藤「どの町でも変質者がいますから、事件の可能性も調べてほしですね」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中