乙武洋匡「いくら頑張っても、ボクには壁ドンはできそうにない」

印刷

   作家の乙武洋匡(38)が10月30日(2014年)、「いくら頑張っても、ボクには壁ドンはできそうにない」とツイッターで「自虐ネタ」をかました。

   「壁ドン」とは壁際に立つ男性(女性)に向かって異性が壁に手をついて倒れ、顔を近づける遊び。顔がつくかもしれない「スリル」がうけている。

   これにファンから「頭があるじゃないですか!w」「壁役で。」「座ってもらって優しくでことんしましょw」「逆に床ドンしてもらいましょう(^-^)/」「ロボット義手は買わないんですか?」などさまざま提案が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中