土井善晴「『きょうの料理』でおむすび。番組になるのかと心配していました」材料はコメと水だけ

印刷

   10月30日(2014年)放送の料理番組「きょうの料理」(NHK)に出演する料理研究家・土井善晴(57)が30日、テーマ料理が「おむすび」だったことについて「番組が成立するのか心配していた」とツイッターで感想をもらしている。

   土井は「(おむすびは)究極のシンプルなメニュー。 和食の原点」と書き、「米400cc 塩適量」という材料表示が書かれた新聞のラジオテレビ欄の写真をツイートに添えている。

   ファンから「誰でも簡単に作れそうなものを当たり前においしく作るって結構難しいと思うので、大丈夫だと思います」「先生、最高のご馳走です」「わたしにとっては、ずっと待っていたというか、これこそお料理番組だ と思いました」という期待の声が寄せられているものの、当の本人は「大丈夫かなー」と放送まで不安を隠せない様子だ。

   注目の放送は今夜9時から。土井は新米を使った「塩おむすび」と「味噌おむすび」を披露する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中