矢野顕子、エボラ厳戒のNYから日本人に注意 「マスクはしないでください」

印刷

   ニューヨーク在住のシンガーソングライター・矢野顕子(59)が10月31日(2014年)、ニューヨークを訪れる日本人観光客にツイッターで注意を呼び掛けている。23日に市内に住む医師にエボラ出血熱の陽性反応が出て以降、厳戒態勢が敷かれている。

   「飛行機がアメリカに着いた時点から、マスクはどうぞしないでください」「アメリカ人がその姿を見たら、自動的に、あなたは人に感染させるような病気を持っている人だと思ってしまいます」という。

   矢野は、リンカーンセンターの近くにいた日本人と思われる10人ほどの女性グループが全員白いマスクをしており、遠巻きに一群を写真撮影する人もいた、という友人の話も紹介している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中