2018年 7月 22日 (日)

「安倍首相」疲労困憊で体調不良?自衛隊・航空観閲式で立っていられずしゃがみ込んだまま...

印刷

   2014年1月から6月までのABCの「雑誌販売部数」が発表された。この欄で扱っている総合週刊誌は軒並み部数を落とし、わずかにサンデー毎日が7547部伸ばしたが、それでも5万1062部にしかならない。週刊朝日は約2000部を落として11万561部、AERAも約4500部を落として6万7839部と精彩がない。週刊プレイボーイが約2200部伸ばして11万7879部、週刊アサヒ芸能は約5000部を落として9万7584部だ。

   フライデーは約3700部伸ばして15万5468部とやや健闘した。週刊ポストは約4万部も落として27万8904部、週刊新潮は約2万1000部ほど落として32万9415部、週刊現代も約1万4000部を落として35万2521部、ダントツ1位だが週刊文春も約1万8000部を落として45万383部である。国民雑誌といわれる文藝春秋も約2万8000部ほど落として27万7042部だった。

   週刊誌全体で前期比95.4%、月刊誌全体で前期比92.7%。依然として雑誌の部数減に歯止めがかからない。

SPに促されても座席にヘナヘナ...。公邸には防衛医官が24時間待機

   閣僚たちの政治とカネの問題が続出するなか、ここへきて安倍首相の体調不良情報が多くなってきている。『フライデー』は10月26日に茨城県の航空自衛隊百里基地で開催された航空観閲式で、オープンカーに乗っていた安倍首相が突然しゃがみ込んでしまったと報じている。

<「本来ならば、安倍総理は立ったまま車上から自衛隊員を激励するはずなのに、ヘナヘナと座席に座り込んでしまったんです。SPから促されても、また立っていられなくなってしまう。よほど体調が悪かったのでしょう。この日はずっと顔色が悪く、訓示の声も張りがなかった」(防衛省担当記者)>

   自民党幹部もこう話す。<「最近の安倍さんの様子は明らかにおかしい。官邸と公邸では防衛医官による24時間の勤務態勢が敷かれていますが、外遊から戻った後、10月23~25日は、公邸で防衛医官によって安倍首相の体調管理がされていたようです。定期的に官邸で点滴を受けているという話もあります」>

   為政者の体調情報がこれほど出てくるのは、単なる政局がらみではないのではないか。安倍が倒れれば次は麻生だ、いや谷垣だと喧しいが、各誌の報道を見ていると、安倍首相の病状は確実に悪化しているのではないかと見るがいかがだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中