妄想ニホン料理(NHK総合)
パリのシェフに「あんまん作れ!」妄想駆り立てできた珍品は...夜中にお菓子食べたくなる罪作りな番組

印刷

   誤解は発明の母、がうたい文句の妄想お料理バラエティで、「サラメシ」「グレーテルのかまど」など、NHKの食べ物バラエティのゆるーい雰囲気を愛してやまない私のツボにクリティカルヒットした。ベースにあるのは教養番組なんだけれど、ゆるい雰囲気と切り口の良さが相まって、お勉強感が薄いのがうれしい。今回はパリのシェフとヨルダンの首都「アンマン」の菓子職人に、数点のヒントを手掛かりに「あんまん」を作ってもらう。

アーモンドクリームと餡子はさんだ和風エクレア

   各シェフに与えられた情報は(1)甘い「アン」が入っている(2)コンビニのレジの近くで売られる人気商品(3)柔らかく肌触りがいいというもの。ここからが腕の見せ所だ。最初に登場したクリストフさんは、エクレアが得意だという都会のパティシエである。「アン」はきっと餡子のことだと類推するあたり、なかなかいい線いっている。ちょっぴりナルシストの香りを漂わせるのが難点だが、腕はよさそう。彼が作ったのは和風のエクレアだった。

   肌触りの良いふわふわシュー生地にホワイトチョコレート風味のアーモンドクリームとたっぷりの餡子を挟み、金粉であえたアーモンドクッキーと甘納豆を飾る。見た目も中身もとにかく華やかで、一歩間違えたらけばけばしくなるところを「ゴージャス可愛い」「モダン」な印象におさえているあたりはさすがでした。

   続くダビッドさんはフランスの料理シーンをいろどる前衛コックらしく、野趣あふれる卵料理を創作した。すべすべの卵の殻の中で卵黄を蒸し、生のヤングコーンとトウモロコシのムースを添え、キャラメルソースで調和をとる。おかずなのかデザートなのか判断に迷う不思議プリンの完成って...。ヒントを拡大解釈しすぎです。

さすが老舗菓子店の逸品に胸きゅん

   私としては、一番きゅんとしたのは3人目。パリの老舗菓子屋のパティシエ、ゴダールさんが作った飾らない一品です。まずはマジパンにピスタチオのペーストを混ぜ込み、綺麗なコイン型に成形する。続いて、焦がしすぎないよう丁寧につくったキャラメルにそっとマジパンをくぐらせる。まだ熱い飴掛けマジパンに飾りのピスタチオを載せたらば、粗熱がとれるのを待って丁寧に小麦粉をまぶす。出来上がったのはエメラルドグリーンにとろりと光る美しい質感の一口菓子だった。

   マジパンのぼそぼそした触感が飴掛けされることでジャリジャリと心地よいフィーリングになり、香りの良いピスタチオが後を引く。簡単だけど、美味しくて綺麗で、これが愛される地元パティシエの技だよなぁ。

   一口大のお菓子を5~6個ずつ包装したら、パチンと口をとめてレジ横に並べる。みんなが思わず手に取りたくなる配置、子供のころから馴染みのある甘味...。たしかにフランスのあんまんというのは納得できる。ゴダールさん、素敵です。

   正直に言うと、この後にヨルダンのシェフがこってり甘いココナツとミルククリーム風味の「アンマン」を作るくだりもあったのですが、はっきりいって私には「おまけ」だった。だって、ゴダールさんのインパクトは超えられなかったんだもの。まあ、アンマンのシェフにあんまんというダジャレをやりたかっただけじゃないかしら。

   この番組の問題は、深夜なのにものすごーくお菓子が食べたくなることでしょうか。(土曜深夜11時30分)

ばんぶぅ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中