2018年 9月 22日 (土)

栃木でまたイヌの死骸放置!林道わきにチワワやダックスフント27匹...

印刷

   栃木県那珂川町の林道で5日(2014年11月)、また多数のイヌの死骸が見つかった。27匹が散乱し、付近で衰弱していたトイプードル1匹と比較的元気な4匹が保護された。チワワやダックスフントなど小型犬で、目立った外傷はなく、死後数日が経過しているという。栃木県では10月31日にも、さくら市の河川敷で小型犬約40匹の死骸が発見されており、警察で関連を調べている。

ペットブームの裏で「イヌ・ネコ大量殺処分」年間12万3400匹

   いまや、飼いイヌや飼いネコの数が子どもの数を上回るペットブームだが、その半面、殺処分も少なくない。2012年度は全国でイヌ3万8447匹、ネコ12万3400匹に達しており、ペットにとってむごい国でもある。

大切にして!

   ペットを飼っているという司会の夏目三久は「愛情がどんどん湧いてきて、手放すということは考えづらいのですけど...。ペットはこちらの勝手で飼っていることで、ペットにとっては家族は飼い主しかいない。大切にしてほしいです」と泣きそうだ。

   キャスターの齋藤孝「痛ましいですね。基本は繁殖管理です。ドイツでは安楽死にも厳しい基準があって、殺処分をゼロにした」と日本のペットブームの軽薄さを嘆いた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中