カナダで不明女医「自殺と判断」地元警察は捜索打ち切り!ほのめかす手紙

印刷

   先月(2014年10月)からカナダ・イエローナイフで行方がわからなくなっている熊本出身の医師、吉窪昌美さん(46)の捜索を打ち切ると、地元警察が発表した。「事件性はなく、吉窪さんは自ら森に入って消息を絶った。すでに死亡しているとみられる」という。

   吉窪さんの弟の健司さんに日本外務省から「昌美さんが出国の際、友人の女性宛に自殺をほのめかす手紙を出していた」という連絡があったという。これがおそらくカナダに伝えられたものとみられる。

出国前に友人の女性宛て投函

   イエローナイフはオーロラ観測の名所で知られるが、この時期は天候が悪く、いわばシーズンはずれ。吉窪さんがイエローナイフの市内で買い物をする姿などが複数の監視カメラの映像に残っていたが、先月22日に郊外へ向かう幹線道路を1人で歩いているのを目撃されたあと消息を絶った。

家族は納得できない

   健司さんは「自殺する人が帰りの便まで飛行機をとるのかなとか、アクセサリーを買うかなとか...。自殺ではなく、やっぱり何かあったんじゃないかと、そっちばかり考えます」と話す。外務省からは手紙の宛先や内容については「教えられない」といわれたそうだ。

   健司さんは「手紙を一番知りたい。その方がだれなのか。うちに連絡するのが嫌なら、メディアを通してでも伝えてほしい」「絶対に生きて帰ってくると信じています。これからも」と語る。

外務省は家族にも「手紙は見せることはできない」

   司会の小倉智昭「友人のところにはあって、なんで家族にないのかという思いもあるでしょうし、カナダへ行った状況も家族はわからない」

   内田嶺衣奈アナ「家族にしてみれば、何で教えてくれないのと思うのは当然でしょうね」

   キャスターの菊川怜「何でなんでしょうね」

   現地の映像では、すでに雪がきていた。これからますます深くなるだろうが、森はさらに深い。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中