2018年 8月 19日 (日)

冨田尚弥あらためて窃盗否定!仁川警察の捜査官「供述通りにカメラ出てきた」

印刷

   韓国・仁川のアジア大会で高級カメラを盗んだとして略式起訴され約10万円の罰金を払った競泳男子平泳ぎの冨田尚弥選手(25)はきょう6日(2014年11月)に記者会見を行い、あらためて犯行を否定した。レポーターの大竹真はきのう韓国で取材していた。

「日本チームに映像見せると『冨田だ』と...」

   冨田の否認ポイントは、韓国・仁川警察から「認めないと日本に帰さない」といわれパニックになって認めてしまったことと、アジア系の見知らぬ男にカバンにカメラを入れられたもので、自分は盗んでいないということだ。

現地では...

   大竹が仁川警察の実際に取り調べた捜査官に1時間半にわたり話を聞くと、「被害届があり、防犯カメラ2台を回収して確認したところ、日本人チームのユニホームを着ていて、日本チームに聞くと冨田とわかった。カメラを盗んだのかと聞くと、すぐにハイと答えた。選手村の自分の部屋のカバンに入っているというので、部屋に行くと証言通り出てきた」と細かに答えた。

「日本に帰さないと脅すわけない。彼はすぐに犯行認めたのだから...」

   冨田は「日本に帰さない」と脅されたと語っているが、捜査官は「最初から認めたので、脅す必要はなかった」という。また、冨田は防犯カメラ映像の盗んだ瞬間は見せられていないといっている。現場の文鶴水泳場で同じメーカーの高性能の防犯カメラで、同じ30メートル離れたところで調べてみると、盗品のカメラを入れたことはわからないが、人物の動きはかなり良く見える。

   コメンテーターの本村健太郎(弁護士)「窃盗事件なので、モノが出てきたことが一番の証拠になります。防犯カメラに確認されていたら良かった」

   司会の加藤浩次「実際に現地で取材してどう思いましたか」

   大竹「取り調べ捜査官に詳細に聞きましたが、聞けば聞くほど、これに冨田選手がどう反論するかと思いました」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中