庭から石油が湧いて出た!新潟の民家...一攫千金?「いやあ、困った」

印刷

   日本の各地でいま石油が湧き出ていて、新潟のある住宅の庭では1年半以上噴出しているという。その量は1か月で約2000リットルにもなり、周りは「石油王誕生!?」(番組キャプション)なんて騒ぐが、当の住民は「とにかくつらくてしょうがないが、どうにもならない」と悲鳴を上げている。

精製には高額のカネがかかり、捨てるところもなく、家は傾き...

   石油には砂や土、泥などかなりの不純物が混じっており、不純物を除去する精製には高額の費用が必要で、使おうとしても採算が取れないという。湧き出た石油はくみ取り処理しなければならず、補助金は出ているものの、作業は自分でやらなければならない。

迷惑!

   また、家がきしむ音がするようになり、地下の石油の動きで家が傾くのではないかと心配している。

   司会の羽鳥慎一「石油王どころか、逆に迷惑。処理するのが大変で、深刻な状況ということですね」(羽鳥慎一キャスター)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中