冨田尚弥カメラ窃盗を全面否定!なぜ今ごろ?「先生たちを信頼。会社からも口止め」

印刷

   競泳平泳ぎの元日本代表、冨田尚弥選手(25)がきのう6日(2014年11月)に会見して、先のアジア大会でカメラを盗んだとされる一件を否定した。しか し、やってもいないことをなぜ認めたのか、選手生命を断たれる事態になぜその時に反論もせず、いまになって言い出したのかなどスッキリしない。おかしな印象はかえって強まった。

急性ストレス反応で会見中も涙

   冨田は10年の競泳ワールドカップで、短水路200メートルで日本記録を出し、北島康介選手を破って優勝した。「ポスト北島」と期待を集めたエー スだ。それが、9月に韓国・仁川で開かれたアジア大会の水泳会場で、記者席にあったカメラを盗んだ容疑で略式起訴された。報道では「カメラが欲しくなった」と話したとされ、選手団から追放された。帰国後の空港でも、「大変お騒がせして申し訳ありませんでした」と頭を下げていた。

衆人環視の中で?

   警察は防犯カメラに冨田が盗み、バッグに入れて持ち帰った姿が残っていたとして、冨田と選手団役員に確認し、事実、カメラは冨田の部屋にあった。どうみても盗んだとしか思えない展開だった。

   しかし、冨田が「やっていない」といっているという話はさまざまに伝えられ、奇妙な印象を与えていた。なにより、日本代表のユニフォームを着た選手が「衆人監視の会場でカメラなんか盗むか?」という疑問である。

   きのう名古屋で開かれた会見で、冨田はまず「ボクはカメラを盗んでいません」と切り出し、3時間近くも記者の質問にも答えた。主な内容はこうだ。

【警察に見せられた映像】「画面がはっきりしなかった。盗っているとされるシーンは写っていなかった」

【時間】「犯行時間とされる午前10時48分には、松田丈志選手と話していた」と主張。しかし、韓国警察に確認すると、時間は午前11時48~56 分だったという。

【怪しい人物】「濃い緑色のズボンで短髪のアジア系の男が、手首を掴んで何かをバッグに入れた」。冨田はバッグを取り返して部屋に持ち帰った。「危害を加えられたり争うのが嫌だった。入れられたものはゴミだと思った。しかし、その男の姿は防犯カメラから切れて(外れて)いた」

【なぜ反論しなかったのか】「心が弱くて、やってないといえなかった。韓国に残されることが不安だった」

【不服申し立てもしなかったのはなぜか】「上野先生(上野広治・水連理事)、平井先生(平井伯昌ヘッドコーチ)を信頼しているので、異議申し立ては先生を相手取ることだと思った。(ここで涙ぐんだ)」

今後は弁護士と本裁判の準備

   問題は防犯カメラの映像やアリバイではあるまい。冨田は記者席に座ったのか、カメラに触ったのかだろう。怪しい人物に触られた場所は記者席だったのかもはっきりしない。選手生命に関わる問題なのに、「韓国に残されるのが怖かった(ので認めた)」では、小学生以下といわれても仕方あるまい。

   日本オリンピック委員会(JOC)の平真・事務局長は会見して、「袋に入れているところが確認できたというのがスタートだった」と、防犯カメラの映像で冨田を確認したことを認めた。従って、処分も撤回しないという。

   司会の小倉智昭「水泳でメダルが出る中、彼はとれなかった。そんなときに『Japan』のユニフォームを着た選手がカメラを盗めるかと、ずっと疑問に思っていた」

   取材した森本さやかレポーター「急性ストレス反応があるということで、涙ぐむこともありました。体重も4、5キロ落ちていいましたね」

   森本によると、事件発覚直後に韓国でJOCが事情聴取したときも、冨田は「やっていない」と言っていたので、JOCは「それなら当局と裁判をしよう」と弁護士リストを用意したが、冨田が断ったという。事態をわかっていなかったのだろうが、JOCもそれでよしとしたのはもう見限っていたということになる。

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「不可解ですよ。みな言うことが違って、薮の中ですね。JOCも(テープを)見た人が会見すべきでしょう」

   笠井信輔ニュースデスク「防犯カメラの能力テストでは、(映像は)はっきりしなかったんですが、JOCはこれについて触れていません。また、彼が社員だったスポーツ用品メーカーから『しゃべるな』といわれて、これまでしゃべれなかったとも話しています。でも、もうメーカーの後押しはありません」

   小倉「クビになっちゃったんでしょ」

   みんなが韓国警察を信じたということか。メダル級の選手を蹴落とす最も簡単な陰謀とは考えられないか。冨田と弁護士はこれから裁判の手続きに入るという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中