「SUBWAY食べ続けたけど痩せなかった!金返せ」100キロ少年が連続強盗

印刷

   3人に1人が肥満といわれるアメリカは、ダイエットへの関心の高さも尋常ではない。とうとうダイエットが原因の強盗事件が起った。先週29日の水曜日(2014年10月)、ファストフード・チェーン「SUBWAY」のアラバマ州の店に銃をもった男が現れ、店員にレジを開けさせて現金を持ち去った。このチェーンは4日間に3店で同じ男の被害に遭っていた。

200キロ大学生「ボクはSUBWAYサンドで80キロになった」テレビCMに登場

   防犯カメラに顔も隠さず、金を盗む動きもぎこちない。人目につきやすいオレンジ色のクツ。警察が映像を公開するとたちまち「同じ格好の男がスーパーにいる」と通報があり逮捕された。18歳の少年だった。

日本では...

   少年は犯行を認めたが、動機についてはこう話したという。「偽の宣伝で人をだましたあのチエーンから自分の金を取り返しただけだ」

   どんな宣伝なのか。2000年に流したダイエット効果をうたったTVコマーシャルだった。体重200キロの大学生が登場し、「彼は『SUBWAY』のサンドイッチだけを食べて健康に痩せました」というキャッチコピーとともに、1年で80キロ台になった姿を見せていた。これは実話で、大学生はいま「SUBWAY」の広報担当だという。

   少年はこれを信じて「SUBWAY」のサンドイッッチを食べ続けたが、痩せなかったというのだ。「オレには全く効果がなかった。だから金を奪い返したんだ」。少年は100キロはありそうで、動きも鈍重だった。

   専門家は「宣伝はもちろんウソではないはず。でも、ダイエットをする人が宣伝文句やイメージだけにだまされ、科学的な方法を検証する人は少ない」という。

ニューヨークでは別のCM「タコスでやせた」

   ニューヨークの西橋麻衣子記者は「別のファストフード店でもタコスを食べて痩せた女性を出したりしています。実際はカロリーの少ないものを選ぶなど配慮が必要で、強盗少年はこれを見過ごしていたようです」と伝えた。

   司会の小倉智昭が「日本ではこういう形の広告はできないから、被害もでないでしょうが、中瀬さん飛びつきますかね」と、肥満のコメンテーター中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)に振った。「来ると思いました(笑い)。飛びつきますよ。逆恨みはしませんけど」

   ショーンK(経営コンサルタント)「ファストフードは安くてカロリーが高いから、お金のない人たちが太ってしまうという皮肉ですね」

   日本でもそれはいえる。不必要に太っている若者が多いのが気になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中