2020年 7月 4日 (土)

冨田尚弥「カメラをゴミと勘違いしました」窃盗否定!JOC「防犯カメラに写ってた」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アジア大会期間中にカメラを盗んだとして韓国・仁川警察署に逮捕された競泳の冨田尚弥選手(25)がきのう6日(2014年11月)、記者会見を開き容疑を全面的に否定した。警察で見せられた映像に「犯行」の瞬間はなかったという。これに対して、JOC(日本オリンピック委員会)は役員が冨田がカメラをバッグに入れる瞬間の映像を見たと反論し、言い分は食い違っている。

警察の取り調べでは「心が弱くて認めてしまった」

   3時間にわたる会見で、冨田は「僕は盗んでいません」と言い切り、「それははっきり言えますか」という問いにも「はい」と答えた。

他に犯人いるなら...

   冨田はアジア大会で100メートル平泳ぎ4位に入賞した翌日の9月24日、ムンハク水泳場のスタンドでプールの練習を眺めていたら、見知らぬアジア系の男に左腕をつかまれ、バッグにカメラを入れられたと説明した。その場で問い正さなかったことについては、「レース用の帽子とゴーグルが入っていたので、それを取り返すのが先決と思いました。カメラをゴミと勘違いしました」と話した。危害を加えられたり争ったりするのがいやで、そのまま持ち帰ったという。

   「カメラは1・3キロもあるが...」と追及されると、「レンズが外れていたので、壊れていると認識しました」「ゴミ箱がなかったので持ち帰ってしまった」と答えた。

   この水泳場には防犯カメラが3台あった。仁川警察は2台が冨田をとらえていたとしている。しかし、冨田は机越しにスマホで見せられた映像は小さく遠く、見えづらかったという。防犯カメラのモニター映像をスマホで撮ったものだったらしい。「僕の右半身がぎりぎりにしか映っていませんでした」「第三者がいる(はずの)部分は切れていました」

   仁川警察で事情聴取された冨田は、帰国できないことを恐れるあまり「心が弱くて認めてしまった」という。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中