2018年 7月 18日 (水)

ゆるキャラグランプリ会場で手抜き?アスファルト融け「足裏ベタベタになっちゃったあ!」

印刷

   今月1日(2014年11月)から3日間、愛知県で行われたゆるキャラグランプリに来場者から苦情が殺到していたことがわかった。会場の舗装がゆるく、地面のアスファルトが砂利と一緒にスタッフや参加者の靴の裏にべっとりと付着して落ちないというのだ。

   被害はゆるキャラの足裏にも及び、ビニールのカバーで足元をおおうキャラもいたそうだ。周辺の商業施設でも「黒い塊が床に付着して落ちない」などのケースがあったという。

主催者側「ゆるキャラたちの補償検討中」

   問題の会場はもともと空き地だったところに、10月下旬までにアスファルトを敷いた。専門家は「一度固まったアスファルト舗装が靴につくほど柔らかくなるのは想像できない。十分に固まる状態での材料を使用していなかった可能性はある」と話している。

コストカット?

   長島一茂(スポーツプロデューサー)「なんかコストカットとかしてんのかと勘ぐっちゃうね」

   主催者側はこの件で謝罪するとともに、相談窓口を設けて補償なども含めて対応を検討するという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中