錦織圭「自分は去年とは違う選手」ツアー・ファイナル初戦でマリーに打ち勝ち

印刷

   年間成績上位8人しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルのBグループ第1戦が9日(2014年11月)にイギリス・ロンドン行われ、錦織圭(世界ランク5位)が地元のアンディ・マリー(同6位)を2-0で下した。

   マリーは昨夏のウィンブルドン選手権覇者で、錦織は1セットも勝ったことのない相手だった。しかし、今年の錦織は違っていた。試合終了後に錦織は「これまでいい結果を出しているし、去年よりは明らかに違う選手になっている」と自分を分析した。全米オープンで決勝に進んだ経験が自信につながったようだ。

勝因は「がまん」「のらりくらり作戦」「仕掛け」

   「あさチャン!」スポーツ担当の石井大裕アナ「(勝因は)粘ってポイントと取る『がまん』と、相手に的を絞らせない『のらりくらり作戦』のなかで、大事なところを決める『仕掛け』が奏功しました。精神的、技術的、体力的に相手より上回っていましたね。これなら優勝できるのでは」

   ATPワールドツアー・ファイナルは総当たり戦で、次は1日置いて12日に行われる。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中