織田信成、テレビで羽生モノマネ「大変な時期に不謹慎な事。大変申し訳ありません」

印刷

   プロフィギュアスケーターの織田信成(27)が11月10日(2014年)、テレビ番組で羽生結弦選手(19)のモノマネを披露したことを放送前にツイッターで謝罪した。8日のフィギュアスケートグランプリ中国杯で負傷した羽生選手を気遣ってのものと見られる。

   10日放送のバラエティ番組「くりぃむしちゅーのTHE★レジェンド」(日本テレビ系)に出演した織田は「羽生選手を含めスケーターのモノマネ」を披露したという。「羽生選手が大変な時期に不謹慎な事をしてしまい大変申し訳ありません。中国杯以前の収録であった事をご理解して頂けると幸いです」と謝罪している。

   「了解です!楽しみにしてます。今のフィギュアファンには笑いが必要です」「仕方が無いことだと思います!織田君のせいじゃないです。羽生選手の回復を祈ります!」などファンからは概ね好意的なメッセージが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中