きゃりー コンサートで涙「嫌な事が続いてまして...芸能界は汚い世界だな」

印刷

   歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(21)が11月9日(2014年)、代々木第1体育館(東京都渋谷区)で行われた自身初となるアリーナツアーの最終公演で、意外な発言をした。

   アンコールを迎えたとき、「最近、私自身、嫌な事が続いてまして、こんなに芸能界って大変なんだと思ったんですけど。外を歩くだけで、プライベートなことをいろいろ言われて、汚い世界だなと思ってたんですけど」と涙ながらに語ったのだ。

   日刊スポーツによると、関係者も「想定外」のこの発言に会場は静まり返ったという。

   その後、「今日はたくさんの人の笑顔を見て、やめたいなとちょっと考えてみたりしていたんですけど、ファンタジーを作り続けていきたいです」と続け、歓声が上がったという。

   きゃりーは交際中のロックバンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のボーカル・Fukase(29)とのデートの様子をたびたび報じられていた。2人は未だツイッターでこの発言に触れていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中