2018年 7月 19日 (木)

きゃりー コンサートで涙「嫌な事が続いてまして...芸能界は汚い世界だな」

印刷

   歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(21)が11月9日(2014年)、代々木第1体育館(東京都渋谷区)で行われた自身初となるアリーナツアーの最終公演で、意外な発言をした。

   アンコールを迎えたとき、「最近、私自身、嫌な事が続いてまして、こんなに芸能界って大変なんだと思ったんですけど。外を歩くだけで、プライベートなことをいろいろ言われて、汚い世界だなと思ってたんですけど」と涙ながらに語ったのだ。

   日刊スポーツによると、関係者も「想定外」のこの発言に会場は静まり返ったという。

   その後、「今日はたくさんの人の笑顔を見て、やめたいなとちょっと考えてみたりしていたんですけど、ファンタジーを作り続けていきたいです」と続け、歓声が上がったという。

   きゃりーは交際中のロックバンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のボーカル・Fukase(29)とのデートの様子をたびたび報じられていた。2人は未だツイッターでこの発言に触れていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中