億万長者コメディアンのジェリー・サインフェルド「僕は発達障害」発言で非難轟々

印刷

   アメリカのコメディアン、ジェリー・サインフェルドが、自らを発達障害者ではないかと告白し、物議をかもしている。NBCとのTVインタビューで、これまで普通の社会生活を送ることがいかに困難だったかを深刻な表情で語り、「空気が読めない」「非社交的」などと見られてきたという。

   サインフェルドは80~90年代に主演して人気を博したシットコム「となりのサインフェルド」は何度も再放送され、60歳のいま、総資産は8億2000万ドルともいわれ、ハリウッドでも超リッチなセレブだ。

専門医や自閉症患者から「ネタにしてんじゃないのか」

   ウイットに富んだしゃべりとユニークな観察眼でコメディアンとして成功したサインフェルドが発達障害を持っていたとなると、同情もありそうなものだが反発の声が多い。

   医師の診断を受けたわけでもなく、「俺って実は不器用でKYなところがあって、アスペかもしれない」などと軽々しく口にしたことに、自閉症を専門にする医師や、実際に自身や家族が自閉症で苦しんでいる人々は疑問や怒りを覚えるようだ。

   「うちには正真正銘の低機能自閉症の娘がいるが、『自分は非社交的』などという人間が、自閉症かもしれないと言ってみたり、医師に診断を迫ったりするくらい腹立たしいことはないね。あんたは何も分ってないよ、ジェリー」「ジェリー、あんたは他にどんなスペクトラムを持ってるのかい? 虚栄心とかかい?」などネット上には厳しいコメントが目立つ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中