美肌日本一は「島根」全国60万人女性対象に調査!ちなみに最下位は...

印刷

   「けさの注目記事は...」と山本匠晃アナが日刊スポーツが報じた都道府県別女性「美肌偏差値」を取り上げた。1位は3年連続で島根だった。ポーラ化粧品が11日(2014年11月)に発表した「美肌県グランプリ2014」で、全国59万人の女性のお肌データを分析したものだ。

   しわやシミ、ニキビのできにくさ、肌のうるおいなど6項目で評価し、美肌偏差値をつけた。島根は偏差値77.9で、次いで高知が66.8、愛媛66.2だった。最下位は群馬で25.6という。

日本の3美人県はどうか?東京は何位?

   美肌と美人は別という意見も出てきそうだが、重要な条件であることに異論はなさそう。そこで、日本の3美人といわれてきた秋田、京、博多を見ると、秋田は7位で60.0、京都は38位で41.8、福岡は33位で44.5だった。ちなみに、東京は57.8で11位と出た。

そんなに違うの?

   司会の夏目三久「そんなに偏差値が違うものですかね。何がもとに差がつくのかしら」

   ポーラ化粧品によると、肌の状態は気温や空気中水分量、肌にダメージを与える紫外線量などが影響するという。トップの島根は水蒸気密度が高く、日照時間が短いことが要因と分析している。最下位の群馬は「肌荒れの風」と呼ばれている乾燥した寒風が悪影響を与えているという。上州名物空っ風はお肌の大敵というわけだ。

   「そんなに乾燥が影響しますかねえ」という夏目の疑問に、地球の極地・辺境の研究をしているコメンテーターの長沼毅(生物学者)は、「砂漠や南極に行ったら肌はガサガサですよ。南極は水分がほとんど凍っていますからドライです」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中