相武紗季「泉ピン子さんに負けない『いじめ芸』磨きます」NHKマッサンでヒロインの宿敵

印刷

   NHK連続テレビ小説「マッサン」で、ヒロインのエリーに許嫁だと思っていたマッサン(亀山政春)を取られてしまった田中優子役を演じている相武紗季は11日(2014年11月)、東京・渋谷ヒカリエのクリスマスツリー点灯式に出席して、ドラマについて話した。

   優子はエリーに恨みを抱き続け、事あるごとに意地悪をしては悪口を言いふらす。これについて、相武は「(メディアが)姑役の泉ピン子さんと比べて『いじめ芸』と書いてくださることが多くてすごく光栄です」と語った。

   ドラマでは、家と親にがんじがらめになってもがいている優子の心情をエリーが理解して、終盤に向けて心を通じあう展開になる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中