悪徳振り込め詐欺「逮捕スクープ」顔出し名前出しで流せ!人権人権はうんざり
<特報首都圏 あなたは狙われている 広がる新型振り込め詐欺>(NHK総合)

印刷

   筆者は振り込め詐欺に騙されるのは本人がバカだと思っているので、こうした番組は過保護以外の何物でもない。だが、引っかかる人は後を絶たず、被害総額1億4000万円と聞くと、アナウンス効果のために取り上げざるを得ない。顔出しで証言している騙された1例。息子がこともあろうに警察官で群馬県の母親、70代である。
   3月に息子を装った男から電話が来た。携帯をなくした→600万円の小切手も入れていた鞄だ→上野駅のトイレで鞄は見つかったとのJR係員→上司が600万円の内、500万円を用意してくれた→母親は郵便局で残りの100万円おろして熊谷駅に持って行った。念のため父親が息子の携帯にかけたら、息子は「バカ言ってんじゃねえ」。これは詐欺だっ。すぐさま警察電話で手配して、駅で母親を呼び出し危ういところを助かった。母親は息子が普段「母さん」とは呼ばないので一度は疑ったのに次々に人が代わる度に信じだしたという。
   番組の最初に警察の手入れで捕まった詐欺グループの映像があった。サツの怒号がする。机の上に多くの携帯や電線が散らばっている。ところが、詐欺師たちの顔にはシャがかかっていて顔は見えない。いつもそうだが、何故ボカシを入れるのか。ちゃんとした警察の逮捕の瞬間を映しているのなら、匿名にする必要はない。ボカせばかえって、これはヤラセではないかと疑いたくなる。人権人権はうんざりで、逮捕スクープはちゃんと犯人たちの顔を撮って出せ。(放送2014年11月7日19時32分~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中